生理痛で不妊症に

不妊症の人の中に生理痛がひどい人が多いといわれています。生理痛がひどいから不妊症になるのではなく、不妊の原因になるような症状を持っている人の多くは生理痛がひどいことが多いのです。生理になると子宮内膜がはがれ痛みを感じるのですが、あまりにひどい痛みや出血は子宮内膜症という不妊の原因になる病気が隠れている場合があります。
子宮内膜症のほかにも、卵巣嚢腫、あるいはホルモンバランスが悪いなど不妊の原因になる症状の多くは、生理痛と密接に関係があります。生理痛緩和のために、改善出来る事をいろいろしているうちに妊娠できたという話もあるくらいです。もちろん、あまりひどい痛みは病院で生理痛緩和の治療をしなければなりません。しかし、薬や治療を使わずに改善できれば理想的です。
対策として、生活習慣の乱れをなおすということがあります。たとえば、不規則な生活習慣、寝不足、ストレス、甘い物のたべすぎなどはホルモンバランスを崩すので体の調子を悪くします。また冷え性も同様です。冷えを防ぐには、半身浴をして体をあたためる、腹巻をする、温かい飲み物を飲むなど、生活の中で工夫をします。特に生姜は体を温める効果があるので、紅茶に入れて飲むと体の中からぽかぽかと温まります。
ほかにも生理痛緩和として軽い運動やラジオ体操、ウォーキングなどが有効です。運動は新陳代謝を高め血流を良くしてくれるので、子宮の機能を正常にしてくれます。
最後は食事です。根菜類や、豆は体を温めてくれる効果があるので生理痛には効果的です。特に根菜類を使った煮物は体に優しく栄養バランスもいいので生理痛緩和が期待できます。また玄米や発芽米はビタミンやミネラルが豊富なのでぜひともとりたい食物の一つです。