生理痛のセルフケアと品川と卵巣がん

卵巣がんは、早期発見が大切になります。沈黙の腫瘍とも言われている卵巣がんは、無症状のうちに、いつの間にか進行してしまいます。早期の診断は、簡単ではないのが卵巣がんでもあります。それがサイレントキラーとも言われる所以でしょう。しかし、カラダからは、何かしらのSOSが発信されていますから、小さな変化を見逃さないことです。

腹部になにか膨満感を感じるとか、今までよりもお腹のサイズが大きいとか、痛みがあるケースもあります。腹部だけではなく、腰が痛くなることも考えられます。食事をしてもあまりはしが進まなくなったり、満腹になりやすいのも特徴の一つです。やけにトイレが近くなったり、排尿が大変になることもあります。これらの症状をチェックしてみて、月のうちに12回以上、同じような症状をくり会えるのであれ場要注意です。特に問題ない人でも感じる症状ですが、健康な人であれば感じても月に2回から3回程度でしょう。

卵巣がんに限らず、婦人科系の検診は、定期的に受けておくと安心です。品川エリアにも、婦人科系の悩みを相談できる医療機関はあります。生理痛の悩みであれば、品川エリアでの整体や、針灸院の利用も可能です。生理中は体を適度に動かしたい人には、品川エリアのヨガを体験するのもいいでしょう。その時には、体調とも相談をしながらにしましょう。

生理痛の悩みは、女性であれば体験するものですが、痛みにも差があります。生理痛は、普段の生活改善も、大きく影響する部分があります。産婦人科などでお薬を処方してもらうのも一つですし、体を温めるのも良い方法です。お腹よりも仙骨の部分を温めるのがコツです。このゾーンを温めると、エストロゲンの働きも順調になります。