生理痛緩和にもなるピルを飲み忘れたり妊婦が飲んだ場合

ピルと一口にいっても、最近では望まない妊娠をしないための避妊の役目だけでなく、重い生理痛の緩和やがん予防にも効果があるということをご存知でしょうか?

正しい服用をすれば避妊の効果はもちろんのこと、女性の悩みの代表である、生理前の嫌な時期であるPMSの改善や、子宮内膜症、重い生理痛である月経困難症の軽減にも非常に効果的なのです。

また、年をとることで女性ホルモンのエストロゲンが減少し、そのために起こりやすくなる骨粗鬆症の発症を防ぐ他、卵巣がんや子宮体がんの発生率まで軽減してくれます。

そのため、避妊のためだけではなく、女性特有の様々な症状を改善するために飲み続ける人も多いようです。

また、妊娠していることに気づかないでいつものように飲んでしまいお腹の赤ちゃんになにか影響するのではないかと心配する人がいます。

ピルは、基本的には妊婦が飲んではいけない薬の一つです。
しかし、アルコールやタバコと同様に、直ちに服用をやめれば胎児に影響することはないとされています。
なぜなら、ピル自体は女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが含まれていますが、妊婦になった時にはさらに大量の女性ホルモンが体内で分泌されるので特に影響はないようです。
だからといって、薬が余ってもったいないからと妊婦であるのに飲み続けるのは何が起こるかわからないので、やめるのが望ましいでしょう。

生理痛の緩和やPMSにも有効なので、飲むことに慣れてくると、忙しくてつい飲み忘れてしまうこともよくあることですが、飲み忘れてから24時間以上経った場合は、服用するのをやめて生理が来て終わってからまた再開して飲むようにしましょう。

1錠目であれば、飲み忘れてもすぐに飲めば問題ないのですが、2錠目以降で24時間以上経過した場合は、飲んでも避妊効果がなくなったり思わぬところで排卵したりするので、まずは一旦終了にして、また新たに始めるようにしましょう。