避妊法としてだけじゃなく生理痛の緩和にも使えるピル

ピルといえば日本では、避妊法の1つとして考えられています。
確かにピルを正しく服用する事で、99%以上という高い確率で避妊の効果を得られますが、最近は避妊法としてだけでなく、様々な治療にピルは用いられるようになりました。

避妊法として以外では、生理痛の緩和の治療にピルを処方するケースが増えています。
症状が重い生理痛の場合、仕事や学校を休まなければいけないくらい、下腹部に強い痛みを感じます。
このような強い痛みが毎月襲ってきては、生活の質は低下してしまいますし、何より大きなストレスとなってしまうでしょう。

ピルは生理痛を緩和する作用を持っている為、痛みが強いという方は婦人科などで相談する事がお勧めです。
なぜ、生理痛が起こってしまうのかというと、「プロスタグランジン」という物質が関係しています。

生理前になると受精卵が着床しやすくなるよう、子宮内膜が厚くなるのですが、この子宮内膜の中にプロスタグランジンは、多く作られます。
プロスタグランジンは子宮を収縮させる物質です。
子宮内膜が厚くなれば厚くなるほど、プロスタグランジンの量は増え、結果生理の時に強い子宮の収縮が起こり、結果下腹部痛が現れるのです。
ピルは子宮内膜が厚くなり過ぎるのを防ぐ作用がある為、プロスタグランジンの量を減らし、生理痛の緩和に有効と考えられています。

ピルの効果をキープする為には、できるだけ毎日同じ時間に、ピルを服用する事が大切です。
その点さえ気を付ければ、ピルは安心して服用できる薬となっています。

同じ女性でも生理の時の痛みには個人差があり、痛みを分かってもらえないケースも少なくありません。
辛い思いをずっと抱えている方は、痛みを少しでも緩和できるよう、ピルで治療を初めてみてはいかがでしょう。